VIOの脱毛範囲はどこまで?

医療脱毛でVIOラインの脱毛をする場合の、範囲について見ていきましょう。

・医療脱毛で脱毛できる範囲

医療脱毛では全身の脱毛が可能です。

以前は対応できなかった部位もありましたが、最近は機械の性能もアップしているためほぼ全身の脱毛ができるようになっています。

ただし全身脱毛とされていても、クリニックによって対応部位は変わるので、事前に確認しておきましょう。

・VIOラインはどこまで?

VIOラインの場合は、どこまで脱毛するべきか?

これについて悩む方が多いようです。

医療脱毛でもデザインが可能となっていますので、IラインとOラインはすべて処理してしまい、Vラインだけデザインして一部残すというような事もできます。

ここはカウンセリングの時に相談できますので、各自で希望を伝えておくといいでしょう。

一つ注意したいのが、医療脱毛はエステサロンのフラッシュ脱毛とは違い、毛根を破壊するという仕組みになっているため、永久脱毛効果があります。

後から元に戻したいとなっても対応できません。

・まとめ

VIOラインの脱毛が完了した後に、また毛を生やしたいと考え直す可能性がある場合は、医療脱毛ではなく、エステサロンでの脱毛をおすすめします。

エステサロンのフラッシュ脱毛は、毛根を萎縮させるだけだから、時間が経過すると毛根が再生され毛が生えてきます。

医療脱毛とエステサロンの脱毛は、仕組みが違うので自分にとって良い方を選ぶ事が大切です。

ワキのように自己処理がない方が楽な部位は医療脱毛がおすすめです。

◇おススメリンク=>VIO医療脱毛5回49,800円|【東京最安】新宿の医療レーザー脱毛のビューティースキンクリニック