AGAのメカニズムについて知っておこう

ここ数年、スカルプケアという言葉が注目され、シャンプーについての知識や情報、頭皮についてのケアが見直されるようになりました。

そのひとつに、若い世代でも薄毛や抜け毛になるAGAのメカニズムがわかってきたからだと思います。

AGAとは男性型脱毛症で、生え際や頭頂部が薄くなる症状で、思春期以降の男性にみられる状態のことです。

通常、老化現象として白髪や禿げあがりがみられますが、AGAは老化とは別の要因で薄毛や抜け毛、禿げてくるという状態です。

AGAの大きな要因は男性ホルモンにある、と言われています。

男性ホルモンが薄毛の原因となる物質に変化してしまうため、髪の成長を邪魔している、蘇我していることで起こると言われています。

頭髪に限らず、すべての体毛にはサイクルがあり、成長期、退行期、休止期があり、自然に抜けて、また新しい毛が生えてくるという繰り返しをしています。

正常な状態では、このサイクルが定期的にやってきます。

AGAでない人でも、誰でも毛は自然に抜けていくものです。

抜け毛はある程度の本数ならば危機感をおぼえることはありません。

ところがAGAの場合は、毛のサイクルの中の成長期が短くなってしまいます。

すると、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまいます。

この状態が続くことで髪の毛が減ってくる、髪の毛が細くなってくる、髪の量が減っていくという状況になるわけです。

AGAは放置しておくと進行していくため、できるだけ早めに対策をしたり治療をすることが大切になってきます。

関連リンク・・>東京新宿にある薄毛治療・AGA治療・発毛医療・育毛の専門病院 城西クリニック