必見!VIOの医療脱毛の痛みを和らげるおすすめ方法

痛いのがどうしても不安に思うVIO医療脱毛。

確かにVIO医療脱毛は強い痛みを感じる人が多いです。

でも安心してください。

実はVIO医療脱毛の痛みを和らげる方法はあります。

ここでは、痛みに弱い方に向けて、効果的な緩和方法をご紹介します。

・痛みを和らげる方法

まず、心がけてほしいのが、体調不良のときに施術を受けないことです。

体調を崩しているときは、体が敏感になり痛みを感じやすくなるため、普段は感じないような軽い刺激でも苦痛に思うことがあります。

生理周期なども考慮し、心身の状態がベストなときにVIO医療脱毛を受けてください。

また、自己処理を徹底することもポイントです。

脱毛機器は毛の黒い色に反応するため、毛が少しでも残っているとその分痛みを強く感じてしまいます。

施術前にきちんとお手入れをしておきましょう。

自分で処理するのが難しいIラインやOラインは、サロンスタッフや看護師さんが行ってくれる場合もあります。

事前に確認しておくと安心です。

・まとめ

このように、時期と自己処理に注意すると少しでも痛い思いをせずに済みます。

でも、どうしても脱毛の痛みが不安で仕方ないという方には、麻酔をおすすめします。

麻酔には皮膚麻酔(クリーム)と笑気麻酔があり、多くの美容クリニックでは脱毛の痛みを軽減するために準備しています。

1回3,000円程度かかりますが、極限まで痛みを抑えられるのがメリット。

痛いのが本当に怖いという方はカウンセリング時に相談してみましょう。

脱毛したいけど痛いの苦手!VIOの医療脱毛の痛みのレベルって?

・VIO医療脱毛の痛みのレベル

デリケートゾーンの毛が気になるけど「とにかく痛いのが怖くて始められない」という声はとても多いです。

脱毛は継続してこそ効果が出るものです。

思い切ってVIO医療脱毛を始めてみても、結局は痛いのを我慢できず続けられなかった…となると意味はありません。

ここではVIO医療脱毛の実際の痛みのレベルについて解説します。

VIO医療脱毛は、残念ながら痛みがないということはありません。

そして、他の部位よりも痛みを感じやすい人が多いのが事実です。

・痛みを感じる理由

でも、なぜVIO医療脱毛はそんなに痛みを感じやすいのでしょうか?

理由は、デリケートゾーンの皮膚はとても薄く粘膜に近いからです。

また、色素沈着している人が多いため、照射の影響を受けやすいのも原因と考えられています。

実際、医療脱毛の照射力はエステで使う機器よりも強力なため、痛みもその分強くなりがちです。

肝心の痛みのレベルとイメージですが、輪ゴムでパチンと強く弾いたような痛みだと表現する人が多いです。

・まとめ

いかがでしょうか?痛みの感じ方には個人差があるので、VIO医療脱毛が痛いと思っていても、「受けてみたら想像していたよりもラクだった」という人も少なくありません。

輪ゴムで弾いた程度、とあらかじめわかっていたら少しは安心ですね。

医療脱毛は照射力が強い分、少ない回数で終わるのがメリット。

また、クリニックによっては麻酔をしてくれるところもあります。

痛みのレベルを知って安心できた人は始めてみましょう。